神奈川で出会いがあり発言に問題があった

▽▽▲▲▲▲▲▲▲神奈川で出会い

[日本]高麗大学教授「婦人が巨額を稼いだ」「日本が我が国の発展を助けた」「靖国神社がなぜ問題なのかわからない」→日本人ネチズン狂人
2015.09.19神奈川で出会い

大学教授による講義中に、婦人はセックススレーブではないと言う公爵を買っています。去る
2014年11月、高麗大学の学生がFacebook上で書いた文章のキャプチャ。

神奈川で出会い
大学教授による講義の間に、婦人はセックスではないという発言をして公爵を買っています。ネチズン

 

講義期間中に定期的に「箴言」を発行した適切な教授に対する懲戒処分のために呼び出されます。

高麗大学の日本経済研究所のChung An-gi教授が15日、「東アジア経済史」について講演しました。
「婦人は性別だ。彼は奴隷ではない。私は巨額のお金を稼ぎ、数ヵ月の仕事を経て母国に帰りたいと思っている。神奈川で出会い
私はそれを手に入れることができたが、それは残った。 「

彼は「その時までには誰もが親日的であった」と「そしてその日の時間を理解しなければならない」と言い続けた。
次回の講義では、安倍の談話を裏付ける内容のコラムをコピーして学生に配布しました。

神奈川で出会い一方、鄭教授は昨年の授業時間と同様の発言で論争を呼んでいます。 11月6日の高麗大学最後年
Facebookの匿名の学生(tenam sp =竹林)には、
講義では、(教授)植民地時代の歴史観を持ち、講義の時にそれを話します。 「

「日本が日本を奪ったのは事実ではないが、日本は日本の発展を助けてきた」神奈川で出会い
「靖国神社がなぜ問題であるのか私にはわからない」と彼は書いた。

これを受けて、ネチズンは「教授の恩赦を考慮するのは問題だ」と言って住みついた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です